交通事故の基礎知識

  • 交通事故で認定される後遺障害14級の内容について

    交通事故によって怪我をした場合、まずは医師の治療を受けることになりますが、治療が終わっても完全には治癒しないことがあります。 その場合に後遺障害が認定される可能 …

    詳しく読む

  • 交通事故で請求できる傷害慰謝料の相場と計算方法

    交通事故の被害者になった場合、加害者に交通事故によって必要となった医療費、会社を休んだことによって生じた休業損害を請求できることはもちろんですが、それらとは別に慰謝料を請求することができます。
    慰謝料には、入通院の程度によって請求できる「傷害慰謝料」と、治療終了後、後遺障害が認定された場合に請求できる「後遺障害慰謝料」の2種類があります。
    今回はそのうち「傷害慰謝料」の計算方法について説明します。

  • 死亡交通事故の慰謝料の相場とその計算方法

    交通事故によって被害者が死亡または負傷した場合の損害のことを「人身損害」といいます。この「人身損害」の最たるものは慰謝料です。被害者本人が死亡したケースでは、一般にその賠償金額も多額になることから、本来であれば得られたはずの賠償金をとりはぐれないように慎重に行動する必要があります。とりわけ一家の支柱が死亡したケースでは、遺された配偶者や子供の生活費や学費に困窮することがないように、できる限り多額の賠償金を獲得しなければなりません。

  • 交通事故による後遺障害等級認定に納得がいかない、非該当になった場合

    交通事故の被害にあって後遺障害が残った場合、後遺障害の等級認定を受けることで認定された等級に応じた賠償金を請求することができますが、何らかの理由で被害者が希望し …

    詳しく読む

  • 交通事故で成年後見制度が必要となる場合とその手続

    交通事故被害に遭って脳がダメージを受けるなどによって、物事の理解がし難くなってしまうことがあります。物事の理解がし難くなれば、交通事故被害による損害賠償の交渉を …

    詳しく読む

  • 交通事故被害に遭った場合どのタイミングで弁護士に相談するべきか

    公開日:2018-09-04 |最終更新日:2021-10-15 交通事故の被害にあったとき、いつどのようなタイミングで弁護士に相談したらよいのでしょうか。 治 …

    詳しく読む

  • 下肢機能障害が後遺障害として認定される条件

    後遺障害の認定基準において、下肢とは、下肢(股関節、ひざ関節、足関節、前腕)と足指に分けられており、左右の下肢は別の部位とされています。 下肢は、人間の身体の動 …

    詳しく読む

  • 交通事故被害で弁護士に相談する時の費用相場

    交通事故の被害にあったとき、弁護士に相談や依頼をしたいと考えたとしても、弁護士費用がいくらかかるのかが分からなければ不安です。 そこで、今回は、交通事故の被害者 …

    詳しく読む

  • 交通事故の示談交渉中だが提示金額に納得できない場合どうするべきか

    交通事故の被害者の中には、弁護士に依頼せず、加害者の任意保険会社と直接示談交渉される方もいらっしゃいます。被害者個人の交渉で、任意保険会社が交通事故の被害者を満 …

    詳しく読む

  • 交通事故被害に遭ったら弁護士にどこまで相談していいのか

    交通事故の被害にあったとき、「このようなことまで弁護士に相談して笑われないだろうか」と心配になることがあるかもしれません。 そこで、今回は、交通事故の被害にあっ …

    詳しく読む

  • 交通事故で車両自体に損害が発生した場合

    交通事故に遭うと、バンパーがへこむ、フロントガラスが割れるなど、車両に何らかの損傷が生じてしまうのが当然です。 もちろん、そういった車両に関する損害についても、 …

    詳しく読む

  • 交通事故で積載物が破損してしまった場合はどこまで請求可能か

    交通事故にあった直後は、自分の身体や車両自体の損傷に気を取られて、積載物のことにまで気が回らないかもしれません。 しかし、交通事故によって積載物が壊れた場合、そ …

    詳しく読む

  • 交通事故で被害者が死亡した場合の損害賠償について

    交通事故における「示談」とは、加害者が損害賠償金を支払うことやその金額、条件を、訴訟によらずに当事者の話合いによって決めることです。 「和解」という言葉もありま …

    詳しく読む

  • 交通事故で後遺障害が認定された場合の慰謝料の相場と計算方法

    交通事故の被害者になった場合、交通事故によって必要となった「入通院の費用」、交通事故によって給料が減額された場合や主婦であれば家事ができなかった場合には「休業損害」を請求できることはもちろんですが、そのほかに「慰謝料」も請求することができます。
    慰謝料には、入通院の期間・通院回数に基づいて計算される「傷害慰謝料」と、症状固定後、自賠責保険への認定請求によって、後遺障害が認定された場合に請求できる「後遺障害慰謝料」の2種類があります。今回はそのうち「後遺障害慰謝料」について説明します。

  • 入通院慰謝料の考え方と計算方法について

    「慰謝料」という言葉を聞いたことがない人はいないと思います。 慰謝料の正確な意味は、「事故によって被害者が被った精神的損害(ショックやストレスなど)に対する損害 …

    詳しく読む

  • 交通事故被害者が死亡した場合、葬儀費用はどうなるのか

    交通事故によって被害者が死亡したとき、被害者の遺族(法定相続人)は、交通事故の相手方(加害者)に対し、損害賠償請求の一環として葬儀関係費についても請求することが …

    詳しく読む

  • 交通事故の治療費はどこまで請求可能か

    交通事故の被害に遭ってケガをしたら、多くの人はすぐに病院に行って治療を受けます。しかし、その場合の治療費は被害者自身が支払うべきなのでしょうか。 結論からいいま …

    詳しく読む

  • 後遺障害等級認定の流れと弁護士にサポートを受ける理由

    交通事故の被害に遭った場合、多くの人が身体に何らかの傷害を負ってしまいます。 ときには、後々まで後遺症が残ってしまう事もあるでしょう。 しかし、後遺症に対する保 …

    詳しく読む

  • 世界の交通事故事情

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.73|世界に目を向けると重大な交通事故が増え続けている国があります。死亡者を伴う交通事故の発生件数最多はインド、交通事故死亡率の高い国3位はタイなど、国内のインフラ整備が不十分である点が重大な交通事故が絶えない要因の1つと考えられます。日本では死亡者を伴う交通事故が減少傾向にありますが、もし万一被害に遭われた際には当弁護士までご相談ください。

  • 仕事中の交通事故など労災保険の適用について

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.72|仕事中の交通事故等によるケガや病気について補償してくれる労災保険。皆さんは労災保険に関してどのくらいご存知でしょうか。今回は、労災保険の適用対象者や適用範囲の具体例を取り上げて分かりやすくご説明します。もし業務時間中に交通事故に巻き込まれたら、当弁護士までご相談ください。

  • 交通事故の危険性!雨の日の運転

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.71|雨の日は、晴れの日の約5倍もの頻度で交通事故が発生するといわれています。交通事故が起こりやすくなる要因として、ハイドロプレーニング現象、視界の悪化や音の遮断、精神的ストレスの影響などを掲げ、弁護士やまケンが分かりやすく解説します。交通渋滞時の追突事故にも十分ご注意ください!

  • 交通事故の多い時期・季節ごとの安全運転

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.70|交通事故の多い時期や季節ごとの交通事故対策についてご紹介します。春の運転は子どもに、夏の運転は雨、秋の運転は夕暮れ、冬の運転は凍結に注意して、安全運転を心がけましょう。万が一、交通事故の被害に遭ったら、迷わず弁護士やまケンにご相談ください。無料相談は何度でもOKです!

  • 交通事故被害から子どもを守るために

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.69|親がそばに居たにもかかわらず、幼き子どもが交通事故の被害者となってしまうことがあります。今回は、歩行中、自動車運転中、自転車運転中の3パターンに分けて、子どもが交通事故の被害に遭う危険性が高いケースや、それらの理由についてご紹介します。

  • 交通事故における過失割合

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.68|交通事故の示談で重要なポイントの1つに過失割合というものがあります。今回は、自動車対自動車・自動車対バイク・自動車対自転車・自転車対歩行者といった状況別の具体例を挙げ、過失割合について分かりやすく解説します。ご不明な点は、交通事故対応実績豊富な当弁護士までお問合せください。

  • レンタカー運転中に交通事故が起きてしまったら

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.67|レンタカー運転中に交通事故が起きてしまった場合のお話です。レンタカーの起源や利用するメリットをはじめ、レンタカー運転中に交通事故に遭った場合の損害賠償や、交通事故直後の対応などについてご説明します。なお、交通事故に巻き込まれた被害者の方は、当弁護士の無料相談をご利用ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。