交通事故の基礎知識

  • 物損事故とは

    公開日:2016-04-20 |最終更新日:2021-11-07 物損事故とは、交通事故の中でも物的な損害のみが発生した事故のことです。 交通事故が起こった場合 …

    詳しく読む

  • 交通事故の過失割合や過失相殺とは?損害賠償金が減額される仕組み

    公開日:2016-04-20 |最終更新日:2021-10-15 交通事故では、必ず「過失」が問題となります。 交通事故における過失割合とは、ある交通事故におい …

    詳しく読む

  • 交通事故の損害賠償金とは

    交通事故における損害賠償金とは、医療費、休業損害、傷害慰謝料、死亡慰謝料、後遺症慰謝料、逸失利益など、被害者側が加害者に請求できる金額の全体を指します。もちろん物損も含まれます。示談金とも呼ばれます。交通事故被害の示談交渉は弁護士が介入することで大幅に増額するケースが多いので、まずはお気軽にご相談ください。

  • 交通事故の示談(示談書)とは

    交通事故が起こると、よく「示談」や「示談書」が問題になります。 「示談」とは、交通事故の相手方と損害賠償の金額や内容、支払方法について話し合いをする手続きのこと …

    詳しく読む

  • 逸失利益とは

    交通事故における逸失利益とは、交通事故によりケガを負って後遺障害が残った、または死亡したことによって、交通事故に遭う前と同じようには働けなくなったため、本来得ら …

    詳しく読む

  • 政府保障事業とは(ひき逃げ・無保険事故の被害者救済)

    公開日:2016-04-14 |最終更新日:2022-05-05 政府保障事業とは 政府保障事業とは、交通事故の加害者の自賠責保険に対して保険金の支払いを請求で …

    詳しく読む

  • 交通事故と健康保険の関係とは

    公開日:2016-04-10 |最終更新日:2021-11-07 交通事故の被害者から、「交通事故を原因とするケガには健康保険が使えないと医師から言われたが、治 …

    詳しく読む

  • 死亡事故で請求するべき損害賠償とは

    交通事故で死亡した場合の損害賠償について具体的内容を解説します。請求できる損害金は、交通事故発生から死亡までに負担した治療費、休業損害の他、葬儀費用、逸失利益、慰謝料等。死亡慰謝料の算出には3つの基準があり、弁護士に依頼すれば裁判基準による示談交渉が可能です。交通事故の示談交渉は弁護士やまケンにお任せください。

  • 後遺障害による逸失利益の計算方法

    交通事故被害でケガを負って後遺障害が認定された場合、被害者は相手方に対して後遺障害に伴う逸失利益を請求することができます。逸失利益の計算には、基礎収入額、労働能力喪失率、労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数を用います。弁護士やまケンが後遺障害逸失利益の金額を計算するにあたり頻出する用語や計算方法について解説!

  • 症状固定とは

    公開日:2016-04-06 |最終更新日:2021-11-014 症状固定とは、交通事故後に入通院治療を続けても、それ以上、症状が回復しない状態となったことを …

    詳しく読む

  • その他のプラン

    交通事故被害者の方には、原則として「完全出来高報酬プラン」をお勧めしておりますが、「最初からすべて弁護士に任せたい」、「保険会社との連絡等を一切行いたくない」と …

    詳しく読む

  • 任意基準とは(任意保険基準)

    任意保険基準とは任意保険会社が用いる計算基準です。但し、統一された基準があるわけではなく各任意保険会社が定めているので、具体的な金額を示すことは困難です。交通事故の損害賠償金を請求する際、被害者ご自身で任意保険会社と示談交渉をすると、弁護士基準(裁判基準)ではなく、大半は任意保険基準により損害賠償金が計算されます。

  • 裁判基準とは

    裁判基準(別称、弁護士基準)とは、交通事故の判例(裁判例)をもとにした計算方法です。交通事故被害の賠償額の計算方法で最も高額となるのが裁判基準です。裁判によらない交渉では、裁判基準による賠償額そのままでの示談は難しいですが、弁護士やまケンが裁判基準に金額に近づけるべく示談交渉し、当初提示額より大幅に増額させます。

  • 交通事故一般論

    交通事故による損害賠償は一般的に4種類あります。積極損害(医療費・葬儀関係費用)、消極損害(休業損害・逸失利益)、慰謝料(傷害慰謝料、後遺症慰謝料、死亡慰謝料)、物損です。これら損害賠償金の示談交渉は、弁護士費用が心配な交通事故被害者の方も安心・納得の弁護士やまケンにお任せください。無料相談全国対応!

  • 交通事故で死亡した場合

    交通事故が原因で死亡した場合、被害者の損害賠償請求権は、そのご家族等が相続することになります。請求内容は、即死の場合、慰謝料や逸失利益、葬儀費用。相当期間経過後の死亡の場合、医療費(治療費、入院費等)や休業損害も加算されます。まずは交通事故専門弁護士やまケンの無料相談をご利用ください。相談は全国対応、何度でも無料です!

  • 交通事故で傷害を負った場合

    交通事故で傷害を負った場合の一般的な請求内容は、医療費や通院交通費等の実費、休業損害、傷害慰謝料、後遺症慰謝料、逸失利益等。特に、慰謝料や休業損害は弁護士が裁判基準で示談交渉することで大幅に増額できることがあります。まずは交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。無料相談は何度でもOK、全国対応!

  • 交通事故で仕事ができなくなった場合

    交通事故被害が原因で仕事ができなくなったことによる損害は、消極損害に該当し、症状固定前は休業損害、症状固定後は後遺障害に伴う逸失利益が問題となります。弁護士にご依頼されると最も高い基準である裁判基準で示談交渉ができるので、交通事故被害の損害賠償は全国対応・遠隔サポート可能で増額実績豊富な弁護士やまケンにお任せください。

  • 交通事故基礎知識

    交通事故の基礎知識 交通事故に関する基本的な知識をご紹介します。 交通事故の被害に遭った場合、相手方(加害者)は、原則、不法行為責任を負うことになります。 その …

    詳しく読む

  • 任意保険の弁護士費用特約とは

    任意保険の弁護士費用特約とは、交通事故の相手方との示談交渉などの弁護士費用を保険会社が負担してくれる特約をいいます。弁護士費用特約に加入していれば弁護士費用はあなたの保険会社が支払ってくれるので、気軽に弁護士にご依頼いただけます。弁護士費用の負担なく、適正な示談金を得ることができるので弁護士費用特約が付加されていたら迷わず弁護士にご相談ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。