裁判基準とは

交通事故における裁判基準(弁護士基準)とは、交通事故の判例(裁判例)をもとにした計算方法をいいます。弁護士が用いる基準なので、別称「弁護士基準」とも呼ばれます。
交通事故における損害賠償金の計算方法の中で、もっとも高い金額となる基準が、この「裁判基準」です。

交通事故慰謝料は裁判基準で大幅増額

交通事故の慰謝料は、裁判基準で計算することで大幅に増額するケースが少なくありません。
通常、相手方保険会社から提示される金額の計算には、自賠責基準または任意基準が用いられています。

交通事故の損害賠償額の計算方法には3つの基準がある

3つの基準とは、「自賠責基準」、「任意基準」、そして「裁判基準(弁護士基準)」です。

慰謝料などの損害賠償額について、自賠責基準や任意基準により計算した場合と、「裁判基準」により計算した場合を比較すると、2倍以上の差額が生じることがあります。

そのため、保険会社との示談交渉においては、裁判基準で損害賠償額を計算する必要があります。

後遺障害14級の場合の後遺障害慰謝料

例えば、後遺障害14級の場合の後遺障害慰謝料を比較してみましょう。

◎後遺障害14級の場合の後遺障害慰謝料

  • 自賠責基準…32万円
  • 任意基準(推定)…40万円 ※任意保険会社によって異なります
  • 裁判基準(弁護士基準)…110万円

任意基準は保険会社によってさまざまなので推定金額ですが、自賠責基準(32万円)と裁判基準(110万円)を比較すると、その差額はなんと78万円です。

つまり、弁護士が裁判基準で示談交渉することで、後遺障害慰謝料だけでも3.4倍も増額できる余地があるということです。

裁判外の交渉でも裁判基準をもとに示談交渉ができる

裁判外の交渉でも裁判基準をもとに示談交渉ができます。

ただ、ケースバイケースではありますが、裁判によらない交渉では、裁判基準による損害賠償額そのまま(100%)での示談は難しいものです。

それでも、交通事故に特化した弁護士が、裁判基準による損害賠償額に近づけるべく示談交渉をすれば、保険会社の当初提示額(自賠責基準や任意基準)よりも大幅に増額させることができます。

死亡事故や重度の後遺障害が認定された交通事故の場合

交通事故の中でも特に死亡事故や重度の後遺障害が認定された交通事故の場合、保険会社の当初提示額と、裁判基準による算定額の差額が1,000万円単位になることもあります。

後遺障害9級10号と後遺障害7級の増額事例を一部ご紹介します。

    • 後遺症事例1 示談金増加額 2,650万円

歩行中、背後から自動車にはねられた事例(後遺症9級10号)

    • 後遺症事例8 示談金増加額 3,875万円

タクシー乗車中の衝突で受傷した事例(後遺症7級)

後遺障害14級でも「裁判基準」で100万円以上の増額も珍しくない

後遺障害14級でも、弁護士が裁判基準をもとに示談交渉することで、100万円以上の増額となるケースも少なくありません。

後遺障害14級の増額事例を一部ご紹介します。

    • 後遺症事例29 示談金増加額 約102万円

自動車に同乗中に追突された事例(後遺症14級)

    • 後遺症事例30 示談金増加額 約202万円

停車中に追突され、むちうち症となった事例(後遺症14級)

適正な示談額は交通事故専門弁護士にご相談ください

死亡事故や重度の後遺障害が認定された場合、多額の損害賠償となります。
そのため、普段なかなか手にすることがないような保険金額を目前にすると、つい保険会社からの提示額で示談に応じてしまいがちです。

しかし、その示談額は本当に適正な金額なのでしょうか。示談の書類(免責証書など)に署名捺印してしまった後では、「やはり交渉したい」と考え直しても手遅れです。

手遅れになって後悔されないよう、保険会社に言われるがまま示談に応じるのではなく、その示談額が適正かどうか、交通事故を得意分野とする弁護士に相談されることを強くお勧めします。

交通事故に強い弁護士のほとんどは、無料相談を実施しています。示談に応じる前に、弁護士の無料相談を利用して、適正な示談額を知りましょう。

ご相談は、初回のみ無料とする法律事務所が比較的多いようですが、当事務所は何度でも無料でご相談をお受けしています(被害者側のみ)。
被害者からのご相談やご依頼は全国対応しておりますので、地域を問わず、お気軽にお問い合わせください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。