交通事故の損害賠償金とは

損害賠償金の計算

交通事故の損害賠償金とは、交通事故によって損害が発生した場合に、加害者に対して請求する賠償金のことです。

交通事故に遭うと、さまざまな損害が発生します。
交通事故でケガをしたら治療費の他、ケガをしたことによる精神的な損害も発生します。
後遺障害が残ってしまったら、後遺障害が残ったことによる慰謝料や逸失利益も発生します。

仕事ができなくなって休業したら、その期間に減収が発生することもあります。
車が破損した場合には、その修理代もかかるでしょう。

このページでは、交通事故の損害賠償金についてご説明します。

交通事故で請求できる損害賠償金とは

交通事故では、冒頭で記載したようにさまざまな損害が発生するので、その項目ごとに金額を計算して、交通事故の相手方(加害者)に対して賠償請求することになります。その賠償金をすべてまとめて「損害賠償金」といいます。

人身損害の場合にも、物的損害の場合にも、損害賠償金は発生します。
治療費も慰謝料も、すべて損害賠償金の一種です。

なお、交通事故には「示談金」といった言葉がありますが、これらは損害賠償金と同じ意味です。
損害賠償金のほかに示談金があるわけではありません。

交通事故の損害賠償金の種類

人身損害と物的損害に分けて、損害賠償金の種類についてご説明します。

人身損害とは、交通事故で人がケガをしたり死亡したりした場合の損害のことをいいます。
人身損害には次のとおり3種類の損害があります。

  • 積極損害
  • 消極損害
  • 慰謝料

積極損害は具体的にお金がかかる損害、消極損害は得られるべきものが得られなくなった損害、慰謝料は精神的な損害のことをいいます。

積極損害

積極損害の具体例としては、病院への入通院の治療費、入院雑費、通院交通費などがあります。
これらの費用は、交通事故に遭ったことにより実際に支払いが必要になるものです。

治療費や通院交通費等については実費計算となり、入院雑費については1日あたり1,500円の計算となります。
交通事故の後遺障害で要介護になった場合などは、将来の介護費用も積極損害として認められる可能性があります。

消極損害

消極損害の具体例としては、休業損害や逸失利益があります。

休業損害とは、交通事故に遭って仕事を休んだことにより、実際に得られなくなった給与や報酬のことをいいます。

逸失利益とは、交通事故でケガを負い、後遺障害が残ったことにより将来的に得られなくなるであろう利益のことをいいます。
逸失利益は後遺障害に伴う損害なので、認定された等級に応じて請求することができます。

慰謝料

慰謝料には、入通院による慰謝料と後遺障害による慰謝料の2通りがあります。

入通院慰謝料とは、交通事故でケガをして入通院が必要になったことによる慰謝料のことで、入通院の期間、実際の入通院日数に応じて計算した金額を請求することができます。

後遺障害慰謝料とは、交通事故でケガをして治療を受けたが後遺障害が残ってしまったことによる慰謝料のことで、後遺障害の内容や程度に応じた金額を請求することができます。

このように、交通事故の損害賠償金は、とても幅広い概念です。
交通事故に遭ったら、これらの損害賠償金の項目を、1つ1つ計算して、すべて合計した金額を、相手方(加害者)に損害賠償金として請求することになります。

物的損害(物損)

上記の他に、物的損害の損害賠償金があります。

たとえば車が壊れた場合の車の修理費用や、代車が必要になった場合の代車費用、レッカー代、お店に突っ込んだ場合などにはお店への賠償金も必要ですし、ガードレールや電柱などを破損したケースなどではそれらの修理代も必要です。
これらはすべて、物的損害についての損害賠償金です。

損害賠償金の請求方法

交通事故の損害賠償金の請求方法をご説明します。

  • すべての損害賠償金の項目にあてはめて、どのような損害がどれだけ発生しているかを計算する必要があります。
  • 相手方(加害者)が任意保険に加入している場合には、相手方の任意保険会社に対して、損害賠償金の合計額の支払いを請求します。
  • 相手方(加害者)が任意保険に加入していない場合には、相手方の自賠責保険に対して損害賠償金を請求し、不足分は加害者本人に請求します。

この請求のための話し合いの手続きが、示談交渉です。

示談交渉を進めて、双方に合意ができたら、その内容で損害賠償金の支払いを受けることができます。
示談交渉をしても話し合いがまとまらない場合には、裁判所で損害賠償請求訴訟を起こし、損害賠償金の支払いを求めていく必要があります。

高額な損害賠償金を獲得する方法

交通事故に遭った場合になるべく高額な損害賠償金を獲得するためには、示談交渉を弁護士に依頼することが得策です。

交通事故の損害賠償金の計算方法には、自賠責保険基準任意保険基準裁判基準(弁護士基準)の3種類があり、弁護士・裁判基準を利用して計算すると、損害賠償金が最も高額になります。
そこで、高額な損害賠償金を請求するためには、弁護士・裁判基準で計算してもらう必要があります。

ところが、被害者本人が対応していると、損害賠償金が低額に計算されてしまうので、金額が低くなってしまいます。
弁護士に示談交渉を依頼すると、当然、
護士・裁判基準によって損害賠償金が計算されるので、結果的に最も高額な損害賠償金の支払を受けることができるのです。

なお、当事務所では、全国どこでも無料相談を受け付けております。
お電話・FAX・メールにてお問い合わせください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。