交通事故事例29

示談金増加額 約17万円

追突による交通事故で通院慰謝料が弁護士基準9割に増額(後遺障害なし)

当初提示額

757,667

最終示談額

927,000

交渉後の増加額

169,333

傷害状況

頚椎捻挫・腰椎捻挫
ほか

後遺症認定

後遺症なし

治療期間

7.9ヶ月間

解決方法

交渉による示談

交渉期間

約3週間

交渉のポイント

通院慰謝料(傷害慰謝料

交通事故の概要

Sさん(40代・女性/主婦)は、山梨県富士吉田市内の路上にて自動車を運転中、赤信号の交差点で停まっていたところ、前方不注意の後続車に追突されてしまった交通事故事例です。
その追突の衝撃で、被害者側のSさんはケガを負い、病院で診てもらったところ、頚椎捻挫および腰椎捻挫(いわゆるむちうち症)のほか、前胸部打撲傷と診断されました。症状固定まで235日間もの治療を要しました。総治療期間のうち通院実日数は161日です。

7.9ヶ月の治療を経て症状固定を迎えた後も、首や腰に痛みが残り、頭痛や手のしびれ等にも悩まされていた被害者Sさんは、相手方保険会社(加害者側)を通じ、自賠責保険に対し、後遺障害の認定請求を行いました。
しかし、被害者Sさんは過去にも交通事故被害に遭ったことがあり、その際に今回と同じ患部に後遺障害14級9号が認定されていたことから、本件事故によって障害程度を加重したものとは認められず、後遺障害非該当とされました。

後遺障害の結果が出た後、被害者Sさんのもとに、相手方保険会社から示談案の計算書が届きましたが、その示談金額に納得することが出来ませんでした。
被害者Sさんは、ご自身の任意保険に弁護士費用特約が付加されていたので、交渉は、交通事故を専門分野とする弁護士に依頼することに決め、インターネットで弁護士検索していたところ、当弁護士のホームページを見つけ、全国対応かつ解決件数の多さに惹かれて電話相談(無料)に至ったということでした。

弁護士交渉〜介入から解決まで〜

【弁護士介入】
当弁護士が相手方保険会社の提示内容を検討したところ、通院慰謝料(傷害慰謝料ともいいます)は増額の余地があったので、その旨を被害者Sさんにご説明したところ、増額交渉を強く希望し、弁護士費用特約を利用してご依頼いただくこととなりました。
ご依頼を受けた当弁護士は、さっそく相手方保険会社に対して介入通知を送付し、示談交渉をスタート。
具体的な交渉経緯は以下のとおりです。

【相手方保険会社の当初提示額】
通院慰謝料…757,667円(相手方保険会社の任意基準
※治療費・交通費・後遺障害診断書代といった実費、休業損害の算定額には争いはありませんでした。

【当弁護士の請求額】
通院慰謝料…1,030,000円(裁判基準の100%)
※裁判基準は「弁護士基準」ともいいます。

【弁護士から一言】
本件は、後遺障害が認定されず、休業損害の金額にも争いがなかったため、問題となったのは通院慰謝料のみでした。
相手方保険会社の当初提示額は、任意基準によって算定されており、裁判基準の金額と27万円ほどの差がありました。
結果として、裁判基準9割での示談成立となり、弁護士交渉による増加額は約17万円です。元々、大幅な増額が見込まれる事案ではありませんでしたが、当弁護士は増額が見込まれる限り受任いたしますので、ご安心ください。
また、今回の交通事故は山梨県で発生し、被害者自身も山梨県在住でしたが、東京の当事務所に一度もお越しいただくことなく、解決に至っています。
交通事故被害者ご本人やそのお身内からのご相談(電話・メール・FAX)は何度でも無料で、ご相談内容は当弁護士が直接お話を伺います。
全国対応の弁護士山﨑賢一までお気軽にご相談ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。