駐車場内での交通事故が多発!安全な利用方法は?

駐車場

やよい共同法律事務所の弁護士やまケンこと、山﨑賢一です。

交通事故のうち、駐車場内での事故は多発しています。

日本損害保険協会の調査によると、駐車場内での交通事故は、全体の交通事故のおよそ3割となっています。

逆にいうと、駐車場内での交通事故に気をつけるだけでも、交通事故発生のリスクを3割減らすことができます。

では、一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

そのためには駐車場内における交通事故のパターンを知り、交通事故防止のポイントを学ぶことでリスク回避が可能です。

交通事故の慰謝料でお悩みなら

駐車場内の交通事故!よくあるパターン

駐車場内での交通事故のよくあるパターンのうち2つのパターンを紹介すると、1つは駐車スペースに入れる時に他の車に接触するパターン、もう1つは出庫車と入庫車が衝突するパターンがあります。

いずれも車が大破するような大事故にはなりにくいですが、場合によってはケガをすることもありますし、事故処理の時間や費用がかかってしまうため、可能な限り回避したいものです。

それぞれのパターンがどういう状況で起こっているかを見て行きましょう。

駐車スペースに入れる時に他の車に接触

駐車スペースに入れる時に他の車に接触するパターンは、隣に駐車中の車に接触するケースが多いようです。

車庫入れに苦手意識を持っていたり、歩行者や他の車が待ってくれているために、焦ってぶつけることなどが原因です。

バックミラーでの確認や、顔を停車中の車に向けての目視チェックを怠らなければ回避できることなので、自動車教習所でならった通りの安全確認をしながら、ゆっくりと駐車スペースに入れることが重要です。

出庫車と入庫車が衝突

出庫車と入庫車が衝突してしまうケースでは、どちらの車も周りを見ていないために起こるケースや、両者の呼吸が合わなかった場合に起こるケース、相手の行動を勝手に思い込んで起こるケースなどがあげられます。

周りの状況に注意を払う、落ち着いて相手を先に行かせることなどを習慣化するだけでもリスクを減らすことが可能です。

また、歩行者に衝突する危険もあるので、周囲への安全確認の徹底が必要です。

弁護士やまケンが解決!交通事故の事例

実際に当弁護士が解決した事例もあわせてご覧ください。

【その他事例はこちらから】

《実績多数》弁護士やまケンの解決事例集

駐車場内で交通事故防止のポイント

駐車場内での交通事故を未然に防ぐには、安全確認と、ゆっくりとした速度での走行が大切です。

とはいえ、具体的にはどのように対処したら良いのか分からないという人もいらっしゃるでしょう。

駐車場内での交通事故を回避するためには、「駐車場内へ進入する時の一時停止」「駐車場内では歩く速度で走行する」「駐車する時はさらにゆっくり」「駐車場内から出る時の安全確認」の4つが重要です。

これらの内容を1つずつ具体的に解説します。

駐車場内へ進入する時の一時停止

駐車場内に進入する時には、必ず一時停止をしてから入りましょう。

外の道路の法定速度の感覚のまま駐車場に進入すると、今まで走っていた速度と駐車場内での速度のギャップから、ゆっくりと走行している気分になります。

しかし、周りの人から見ると速いと感じるケースがありますので、駐車場内に進入する前に一時停止して感覚を一旦リセットしておいた方が良いでしょう。

また、駐車場内の他の車や、歩行者への安全確認のためにも、一旦停止しておくことが肝心です。

駐車場内では歩く速度で走行する

駐車場に進入してからは、よりゆっくりとした速度で運転すると良いでしょう。

運転速度の目安は歩行者と同じくらいの速さですので、時速3キロから5キロ程度を参考速度としましょう。

これくらいの速度で運転するのであれば、万が一他の車が飛び出してきた場合や、車の陰から歩行者が飛び出して来た場合にも対処ができますので、しっかりと回りを見ながら、ゆったりとした気持ちで運転することが大切です。

駐車場は空きスペースを探しながら運転しなければならないため、その意味でも、より慎重に運転しましょう。

駐車する時はさらにゆっくり

駐車する時はさらに速度を落としましょう。

そして、空きスペースに入れる場合には、その前に必ず近隣の車に人が乗っていないか確認する必要があります。

突然隣の車が走り出す可能性がありますし、突然隣の車に乗っていた人が降りようとしてドアを開ける可能性もあります。

駐車場内から出る時の安全確認

駐車場内から出る時には、出合い頭の事故や、歩道を歩いている人との接触事故に気をつけましょう。

駐車場を出る時に最初に横切らなければならないのが歩道です。

歩道に人が歩いていたり、自転車が走っている時に、減速せずに駐車場から出てしまうと接触事故となり得ます。一旦停止して安全確認をしながら出てください。

また、車道に出る場合も同様です、バイクや車との接触事故の可能性を想定して、一旦停止をして、同時に安全確認をしてください。

運転速度の遅い駐車場こそ気をつけるべき

駐車場内での交通事故は、安全確認不足によって起こることがほとんどのため、決して安全確認を怠らないようにしないといけません。

速度が出ている場合には、気をつけて運転をする人は多いと思いますが、速度が遅い駐車場内では油断が潜んでいます。

油断こそ大敵ですので、慎重に運転する必要があります。

交通事故の弁護士をお探しの被害者の方へ

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。