出会い頭の交通事故の原因と対策

出会い頭の交通事故

交通事故の専門弁護士やまケンの法律事務所です。
交通事故に遭遇してしまった際は、交通事故専門弁護士のやまケンまでご相談いただければ、真摯に対応をさせていただきます。

さて、自動車同士の交通事故で多いのが“出会い頭の交通事故”です。

細い道などでお互いがスピードを出していない場合、そこまで酷い交通事故にはなりませんが、もしお互いがスピードを出していた場合は、自動車の破損に加え、重傷の人身事故に発展する可能性もあります。

本日は、どうして出会い頭の交通事故が起こってしまうのか、その原因と対策についてお話しします。

交通事故の慰謝料でお悩みなら

出会い頭の交通事故とは

出会い頭の交通事故とは、交差点などで、別々の方向から進入してきた自動車同士が衝突する交通事故のことです。

衝突する対象は自動車に限らず、歩行者や自転車、バイクの場合もあります。
このような交通事故が発生しやすい場所は見通しが悪く、信号が設置されていない交差点が最も多いとされています。

出会い頭交通事故の過失割合

過失割合とは、加害者と被害者双方の過失の割合を示すものです。
出会い頭の交通事故の場合、過失が小さくなるのは優先道路を走行していた車になります。

しかし、優先道路の自動車がスピード違反をしていた場合、優先道路の自動車の過失が多少高く修正される場合もあります。

また、加害者が信号無視をしていた場合は、加害者の過失が100パーセントとなります。
過失割合は優先道路か否か、スピード、交通ルールによって決定されるのです。

出会い頭交通事故の原因

交差点で発生する出会い頭交通事故の原因は、片方もしくは双方が安全確認を怠ったり、交通ルールを守らないことで起きます。

具体的には、信号無視、指定の場所で一時停止をしない、左右の安全確認をせずに発進するなどが挙げられます。
交通ルールを守れば出会い頭の交通事故が絶対に発生しないとは言い切れませんが、そのほとんどを防ぐことができるでしょう。

ルール違反以外の原因は、以下の通りです。

認知ミス

カーブミラーで対向車の有無を確認し、一時停止をしたにも関わらず、死角などの見落としで自動車や歩行者、自転車やバイクに気付かず交通事故に至るケースです。

見通しの悪い場所、混雑した駐車場などで起きやすいのが特徴です。
また、同乗者と雑談をしていて気付かなかったり、他の自動車に気を取られたりなどの脇見運転、道路標識や路面標示を見落とすことも原因として挙げられます。

判断・予測ミス

双方が優先道路を走行していると錯覚してスピードを上げたまま衝突してしまう、相手が停車してくれるだろうと双方が思うことで発生してしまう交通事故のケースです。

これらを“思い込み運転”といいます。

道路環境要因

ルール違反、認知ミスや思い込み運転の人的要因以外にも、道路環境が原因の場合もあります。

具体的にはカーブミラーが破損していて鏡の役割を果たしていなかったり、道路標識や路面標示が明らかに不足していたり、塀やフェンスなどで見通しが悪いなどが挙げられます。

弁護士やまケンが解決!交通事故事例

出会い頭交通事故を防ぐ対策

さまざまな要因で発生する出会い頭の交通事故。
どのようなことに気を付ければ未然に防ぐことができるのか、具体的な対策をみていきましょう。

優先道路でも油断しない

優先道路を走行しているから大丈夫だ、という思い込みは止めましょう。
優先道路だからといって、相手車が自分を優先してくれるとは限りません。

突然、対向車が飛び出してくる可能性もあり、スピードを上げていると大きな交通事故に繋がります。
油断せず、相手車の飛び出しに備えて減速を意識していると良いでしょう。

しっかり止まる

一時停止や止まれの道路標識には必ず従いましょう。

走り慣れている道路ではつい忘れがちになってしまうものです。その油断が出会い頭交通事故に繋がってしまうのです。

停止線がある場合、停止線を過ぎるのではなく手前で止まるようにしてください。
道路標識がない場合でも、周囲の状況を見渡したうえで、適宜、減速や一時停止を行うようにしましょう。

左右を確認する

左右の確認は基本中の基本ですが、運転に慣れていたり交通量が少ない場所だと疎かになりやすいものです。
“車が来るかもしれない”という意識を常に持ち、安全確認を怠らないようにしましょう。

停止線で一時停止を行い左右確認するのが好ましいですが、停止線からでは難しいことがあります。
そのような場合は左右が確認できる位置まで慎重に移動し、再び一時停止をしてから確認しましょう。

夜間はヘッドライトを切り替える

夜間の交差点へ進入する場合、交差点の手前でヘッドライトを上向きに切り替えましょう。
自動車や歩行者の飛び出しを防止するため、自分の存在を知らせることが必要だからです。

自動車を待つ余裕を

片方が無理な走行をして出会い頭交通事故を起こすケースもあります。

遠くにいる自動車が予想以上に猛スピードで接近する場合もあるので、自動車が通過するのを待つことも大切です。
どうぞと先を譲る心遣いが交通事故を防ぐこともあるのです。

出会い頭の交通事故は油断やミス、見落としなど些細なことで起こります。
できうる限り慎重に安全運転を心がけましょう。

交通事故の弁護士をお探しの被害者の方へ

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。