ラウンドアバウトによる交通事故対策

ラウンドアバウトによる交通事故対策

やよい共同法律事務所の弁護士やまケンこと山﨑賢一です。

交通事故被害に遭遇してしまった際は、“交通事故専門弁護士やまケン”までご相談いただければ、真摯に対応をさせていただきます。

さて、皆さんは、“ラウンドアバウト”という交差点(ロータリー)をご存知でしょうか。

ヨーロッパ発祥の交差点形式のひとつで、2014年9月1日改正道路交通法では“環状交差点”と名付けられています。

ドーナツ型の交差点で、信号機がなく、通常の交差点とは異なる交通ルールが定められているのが特徴です。

それによって交通事故の減少や交通渋滞の解消に期待でき、日本でも本格的な運用が始まりました。

本日は、この新しい形の交差点、ラウンドアバウト(環状交差点)についてお話しします。

ラウンドアバウトとは

ラウンドアバウトとは、信号や一時停止箇所のない、丸い形の交差点(ロータリー)の一種です。

日本では2014年9月から本格的に導入され、各都道府県で徐々に増加しています。

交差点の中央には、車の乗り入れが不可能な“中央島“と呼ばれるスペースがあり、それを取り囲むようにドーナツ型の通行路が存在し、そこから四方に道路が伸びているといった形状になっています。

そのため、通常の交差点ではありえない交通ルールが存在しています。

それでは、ラウンドアバウトの交通ルールを見ていきましょう。

優先車両

ラウンドアバウト内を走行する車両が優先されます。

進入手前に、「ゆずれ」の法定外表示が設置されているラウンドアバウトもあります(下記画像参照)。

ゆずれ(ラウンドアバウト)

出典:北陸・信越観光ナビ

ただし、横断歩道が併設されているラウンドアバウトでは、歩行者が優先となります。

右回り(時計周り)

ラウンドアバウト内の車がすべて右回り(時計周り)で一方通行になります。

対向車を気にしなくて済むため、円滑な走行になります。できるだけ道路の左端に沿って徐行するのが望ましいです。

また、自転車も車両になるので右回りで走ります。

退出時

ラウンドアバウトの進入は必ず左折なので、ウインカーを出して合図する必要はありません。

しかし、退出する際は出口付近で左ウインカーを出し、ラウンドアバウトを出る意思を示し、ラウンドアバウトを出るまで継続させる必要があります。

出口で合図するのは共通の交通ルールなので、ラウンドアバウトも例外ではありません。

ロータリー交差点との違い

円形の交差点で多く知られているのは、ラウンドアバウトよりも「ロータリー」の方ではないでしょうか。

ラウンドアバウトとの大きな違いは信号や一時停止の標識があること、ロータリーに進入する車が優先されることです。

信号の待ち時間、一時停止などで渋滞になりやすいのが特徴です。

ラウンドアバウト導入のメリット

日本ではまだまだ認知度の低いラウンドアバウトですが、独特な形状と交通ルールによって様々なメリットが考えられます。

交通事故の減少

直進ができないので自然と速度が落ち、スピードの出しすぎによる交通事故が防げます。

また、一方通行なので対向車と衝突することもありません。

交通事故の危険性が低いことで、ドライバーの運転ストレスを軽減できます。

快適な走行

優先車両のため一時停止をする必要がなく、渋滞に巻き込まれずに済みます。

また、信号機がないので信号待ちのストレスもありません。

維持管理コストの縮減

信号機を設置しないことで信号の導入やメンテナンス費用が抑えられ節電に繋がります。

ラウンドアバウトは経済面でもメリットがあるのです。

景観の良さ

中央島を緑化したり、地域のシンボルを設置したり、活用することができます。

信号機がないので景観も良くなり、付近のランドマークにもなり得ます。

騒音の抑制

ラウンドアバウト付近から車はスピードを落とさなければならないため、静かな運転が望めます。

また、一時停止や信号待ちがないのでラウンドアバウト内でエンジンをかけることもありません。

災害時の緊急時

災害時の停電では信号機も消えるため、警察官が手信号で交通誘導をしている姿を見たことないでしょうか。

はじめから信号機がなければ、停電も関係ありません。

例え災害時でも、警察官の誘導なく交差点は機能します。

ラウンドアバウト導入の課題

ラウンドアバウトを導入するメリットはお分かりいただけたかと思います。

このようにメリットが多いにも関わらず、本格運用から3年経った今でも認知度はそう高くありません。

理由は導入目安の厳しさにありました。

交通量

交通量が非常に多い場所は、ラウンドアバウトに不向きです。
なぜなら、徐行走行が交通ルールのため、渋滞を引き起こす可能性が高いからです。

ラウンドアバウト導入の目安として、1日の交通量1万台未満が理想と言えます。
このため、交通量の多い都心では導入が厳しい状況にあります。

広さの確保

その独特な形状から、信号機を設置するより広い敷地が必要になります。
通常の交差点やロータリーより数倍の広さを確保しなければならず、条件に見合った場所は多くありません。

今後も改良が重ねられ、更に多くの場所でラウンドアバウトが導入されることでしょう。

交通事故の減少、渋滞の緩和が期待できるラウンドアバウト。
運転中、ラウンドアバウトに遭遇した際に慌てずに済むよう、交通ルールを覚えておきましょう。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。