右左折時や坂道での交通事故防止策

坂道での交通事故に注意

交通事故の専門弁護士やまケンの法律事務所です。
交通事故に遭遇してしまった際は、交通事故専門弁護士のやまケンまでご相談いただければ、真摯に対応をさせていただきます。

交通事故の種類はさまざまですが、今回は、左折や右折時、坂道での交通事故についてです。
一般的に左折は巻き込み事故、右折は安全不確認による事故、坂道は下りでの交通事故が多いと言われています。
本日はこちら3形態の交通事故について、防止策とともにお話ししていきます。

左折巻き込み交通事故とは

主に交差点で左折する自動車と、直進するバイクや自転車が接触する交通事故です。
自動車がバイクの存在に気付かず左折することが主な事故原因です。

左折する際、通常は後方左側をルームミラーやサイドミラーでバイクなどが来ていないか確認します。
ですが、後方左側はミラーの死角になることが多く、ミラーに頼っているとバイクに気付かないことがあります。

左折巻き込み交通事故の防止策

左折巻き込み交通事故は、左折する際の注意や配慮で交通事故の発生を防ぐことができます。
左折巻き込み交通事故の防止ポイントは、以下の通りです。

目視で確認する

左折する場合、左折直前に後方左側を確認するのではなく、早めに確認しておきましょう。
その際、ルームミラーとサイドミラーでの確認はもちろんですが、死角によって見落とす可能性があるため、直接、後方の左側を目で見てバイクなどがいないか確認しましょう。
はじめはミラー、最後に目視での確認で念には念を入れましょう。

左折をアピールする

左折巻き込み交通事故原因のひとつが、左ウインカーの遅れです。
次に左折しようと自分では思っていても、バイク・自転車は知るよしがありません。
寸前になって左ウインカーを出すとバイク・自転車は驚いてしまうでしょう。
それが交通事故に発展してしまうのです。
それを防止するために、もうすぐ左折することを後方のバイク・自転車に知らせるため、早めの左ウインカーを心がけましょう。

猛スピードのバイクに注意する

後方からスピードを出しているバイクが迫って来ているとしましょう。
そのとき左折を行った場合、バイクが止まる可能性は極めて低く、このまま左サイドに進入しすり抜けようとするかもしれません。
このようなときが一番事故になりやすく危険です。
回避するためには、無理なすり抜けをさせないよう、あらかじめ車を左に寄せておくと良いでしょう。
また、バイクを先に行かせたあとで左折すれば安心です。

右折の安全不確認による交通事故

右折時に多い交通事故には右直事故と呼ばれる、右折中の車と直進車がぶつかって発生する交通事故があります。
ほかにも、直進の対向車にばかり意識が向いて、右折先の歩行者や自転車に接触してしまうケースもあります。

右折の際に起こる交通事故の主な原因は、安全確認を怠る安全不確認です。
「直進して来ないだろう」「歩行者や自転車はいないだろう」という思い込み運転が、基本ルールである安全確認を怠らせてしまうのです。

右折による事故の防止策

主な交通事故原因が安全不確認なので、安全確認を徹底すれば、右折による交通事故を防止できます。

日頃から、以下のことに気を付けて運転してみてください。
ここでは交差点で安全に右折するためのポイントを紹介します。

交差点前から右側車線に

交差点の少し手前から右側に寄って、ウインカーを出して進みます。
こうすることで「この車は右折します」と対向車にアピールできるからです。

交差点の状況を把握する

交差点に近付いたらスピードを落とし、自動車の往来や右折先、横断歩道など交差点の様子を確認します。
右折先が渋滞している場合、右折は控えて停止線で止まり、渋滞が解消するまで待ちましょう。

大型車両の死角に注意

対向直進車が大型車両の場合、その後の後続車が死角となって見えないことがあります。
“後続車がいるかもしれない”と意識し、後方の確認をしましょう。

サンキュー事故にも注意

右折を譲ってくれた車に対し「早く右折しなければ相手に悪い」という焦りから安全確認をせずに右折し、結果的に交通事故を起こしてしまうケースがあります。
これをサンキュー事故と呼ぶのですが、例え、譲られても安全確認は必要です。
相手に悪いという思い込みは捨てましょう。

坂道の下り事故とは

坂道での交通事故は、上りより下りの方が非常に多く、スピードが出やすい分、重大な交通事故に繋がる可能性があります。

  • カーブの際に勢い余ってセンターラインを越えてしまい、対向車とぶつかる
  • 下り坂によってスピードが加速し減速できずスピードコントロールを失う

・・などの交通事故が挙げられます。

坂道の下り事故防止策

下り坂では、スピードが出やすいため、スピードを抑えつつ走行することが大切です。
重大事故を起こさないようにするには坂道特有の運転をしなければいけません。

坂道を安全に下るためのポイントを紹介します。

ブレーキを多用しない

ブレーキを多用すると、肝心なときにブレーキが効かなくなるフェード現象が起こりやすくなるので、エンジンブレーキを活用して下っていくと安心です。

坂道での一時停止

坂道で停止する場合、車間距離を充分にとって止まるようにしましょう。
坂道ではアクセルを踏むと急発進する可能性があるため、車間距離を多めにとっておくのが理想です。
また、パーキングブレーキをかけて車が動かないようにすることも大切です。

以上、左折時、右折時、坂道、3形態の交通事故について、お話ししました。

いずれも日頃の注意や意識ひとつで未然に防げるものばかりです。
安全運転を心がけ、ドライブを楽しみましょう。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。