強風が影響を及ぼす交通事故のリスク

強風
強風が運転に影響を与え、交通事故を引き起こす場合があることをご存知でしょうか。

停車中の車は、強い風が吹いたからといって、そう簡単に横転することはありません。
けれど走行中の場合、横からの突風にハンドルを取られるなどで、結果的に横転してしまい、交通事故を起こしてしまうことがあります。

本日は、強風が運転に与える影響、そして、その対処法をご紹介します。

強風による車の影響とは

一般的に、風速10~15メートルで乗用車が横風に流されるような感覚を受け、15~20メートルでは通常速度での運転が難しくなると言われています。

通常、車は真っすぐ走りますが、突然、横から突風が吹けば、車体に風圧がかかります。

走行中のスピードが速ければ速いほど風の影響を受けやすく、遠心力が強く働き、車体を回転させてしまいます。

そうすると、ハンドルを取られ車線からはみ出す、思わず急ブレーキを踏んでしまうなどで、交通事故に結びつくこともあります。

また、突風によって車が横滑りした場合、タイヤと路面の間に摩擦が起こり、車体が傾いて横転する可能性があります。

横転しやすい車

ワンボックスカーやトラックなどの車体の高い車や、横風を受ける面積の広い車が、普通乗用車と比べて風の影響を受けて横転しやすいと言われています。

横転しにくい車

車体の低い車、横風を受ける面積が狭い車が風の影響を受けにくく、横転もしにくいと言われています。

スポーツカーなどがそれに当てはまりますが、絶対横転しないとは言えないようです。

運転が危険な風速

20~30メートルの風速で通常運転ができなくなります。

また、風による飛来物が車体にぶつかる可能性、看板などの落下物にも注意が必要になります。

止む得ない場合を除いて、運転は控えるようにした方が無難です。

風の影響を受けやすい場所

運転が風に影響されるのなら、風の強い日を避けて運転していれば大丈夫なのではないか。

そう思われる方もいるかもしれません。

けれど、天候に関係なく風が強い、横風や突風が発生する場所があるのをご存知でしょうか。

風が狭い範囲に流れこむ場所

狭いところに風が流れ込むことで大気が乱れ、風同士がぶつかって頻繁に強い風が発生します。

主な場所はビルの谷間、山間部の谷間、谷間に架けられた橋の上、山の切り通しの終点など。

突風が吹きやすい場所

風は気圧が高い方から低い方に向かって吹くと言われています。

高速道路の防音壁の切れ目、トンネルの出口などが挙げられます。

横風の影響を受けやすい場所

風を遮るものがない見通しの良い場所で、風がダイレクトに届くのが特徴です。

海岸沿いや橋の上、広い田園や土手の上などが該当します。

風が強いときの対処法

最も大切なのは「慌てない」、「無理をしない」と心がけておくことです。

交通事故の直接的な原因は風ではなく、風を受けたあとの運転手の行動が原因となる場合が多いところです。

横風に煽られたとき、突風に見舞われた際の急ブレーキやハンドル操作のミス、無理に走行を続けるなどが交通事故を引き起こす主な原因なのです。

では、心がけ以外に、横風や突風に見舞われたときの対処法を紹介します。

スピードを落とす

走行速度が速ければ速いほど、強風を受けた風圧は強くなり、逆にスピードが低いと風圧も小さく、風の影響も受けません。

風が強いと感じたり、強風が吹く場所に近付いたら、後続車に迷惑がかかっても減速しましょう。

交通事故になるよりはマシです。

風の強さが分からない場合は、風速電光掲示板や高速道路脇の吹き流しで確認できます。

急ハンドル

突然の強風に煽られても、急ハンドルを切ってはいけません。

横風を受けたからといって、体に感じる感覚よりも、実際の車体はそこまで影響を受けていないことが多いのです。

急ハンドルで車線からはみ出したりして、交通事故を起こさないためにも、ハンドルをしっかり握って運転しましょう。

また、飛来物や落下物で視界が遮られる場合も急なハンドル操作を行わず、前方を見て運転しましょう。

急ブレーキ

急ハンドルと同じく、急ブレーキも大変危険です。

後続車から追突される危険性、急ブレーキによる横転の可能性があるからです。

急ブレーキよりも徐々にスピードを落として、風の影響を小さくさせる方が無難だと言えます。

ドアをゆっくり開ける

風が強い中でのドアの開閉は、いつもと勝手が違います。

少しだけ開けたつもりが、風の影響で勢い良く全開してしまい、歩行者にぶつかるなどの事故が起きやすくなるのです。

ドアを開け閉めする場合は、両手でゆっくり行うようにしましょう。

避難する

一時的な強風の場合、無理に走行を続けず、安全な場所へ避難し、風が止むのを待ちましょう。

急な悪天候に見舞われた際にも、風が強くなる前に速やかに避難します。

無理に運転しても、交通事故になるだけです。

たかが風と思わず、運転にはじゅうぶん気を付けて安全運転を心がけましょう。

強風が危険なこと、強風が吹きやすい場所があること、対処法を頭に入れておくと不測の事態にも対応できるのではないでしょうか。

万が一、他の車に衝突されるなどの交通事故被害に遭われたら、弁護士やまケンにご相談ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。