交通事故解決等に役立つドライブレコーダー

ドライブレコーダーアプリSafetySight

交通事故の専門弁護士やまケンの法律事務所です。
交通事故に遭遇してしまった際は、交通事故専門弁護士のやまケンまでご相談いただければ、真摯に対応をさせていただきます。

交通事故の当事者になった際、言い分の食い違いでトラブルになることがあります。
飛び出した、飛び出していない、止まった、止まらなかったなどは、双方の一方的な認識によるもので、確かなものではありません。
そのようなとき、交通事故の瞬間や、交通事故の現場が映像で記録されていたら、どうでしょうか。
映像は嘘をつきません。ですから、自身の言い分を映像記録によって実証することができるのです。
本日は、ドライブレコーダーを導入するメリットや、スマートフォンのドライブレコーダーアプリをご紹介します。

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは、映像や音声などを記録する車載カメラの総称です。
楽しいドライブの思い出として導入する方もいますが、もしもの交通事故に備えてという方が多い傾向にあります。

ドライブレコーダーの記録には主にふたつの機能があり、1つ目はエンジンをかけた瞬間から録画が開始される常時録画タイプ、2つ目は車体の衝撃や急ブレーキに反応して録画されるイベント記録タイプです。

ふたつの機能以外にも音声の記録ができるもの、夜間の画質に優れているもの、GPS取得できるものなど多岐に渡ります。
では、ドライブレコーダーを導入するメリットを見ていきましょう。

交通事故の自己防衛として

交通事故は、必ずしも人通りが多いところで起こるとは限りません。
人通りが少ない場所で交通事故が発生した場合、事故の相手方が嘘を言って責任逃れをしたり、こちらが不利になるような嘘を吐いて貶め(おとしめ)ようとすることもあります。

さらに、わざと交通事故の被害者になって、慰謝料などの名目で金銭を要求するといった“当たり屋”なども存在します。
ドライブレコーダーは全てを記録するため、このようなことから自身を守ってくれるのです。

そして、交差点付近での交通事故の場合、「青信号だった」「赤信号だった」などの意見が食い違うこともありますが、これらのトラブルに関しても確実に正解を出してくれます。

証拠映像を提出することで、交通事故後の処理や示談交渉、裁判手続きがスムーズに行えるのも、メリットのひとつです。

いたずらや犯罪の証拠として

ドライブレコーダーの種類によっては、停車中でも記録できるタイプがあります。

自動車のタイヤをパンクさせたり、車体を傷つけたりするイタズラ、駐車場での当て逃げ、車上荒らしなどの被害に遭った際の証拠として、大いに役立てることができます。

安全運転の意識向上

自動車を運転をしていると、交通事故にまでは発展しなくても、危ない思いをした経験はありませんか(豆知識コラム「交通事故を予防するヒヤリハット対策」参照)。

交差点で赤信号なのに青だと勘違いして走り抜けてしまった、左右をよく確認せず走行して対向車や歩行者とぶつかりそうになった、などのヒヤリとした瞬間もドライブレコーダーは記録しています。

客観的な目線から映像を見直すことで、安全運転の意識向上に繋がるのです。
また、運転中の悪い癖や特性に気付けるというメリットもあります。

安全運転サポートアプリ「Safety Sight」

ドライブレコーダーをなかなか導入できないときは、安全運転サポートアプリ「Safety Sight」のようなスマホアプリの活用も有効です。

スマホは手に持たず、ダッシュボードなどに固定する設置フォルダーを使って利用します。
スマホがドライブレコーダーになる優れもので、衝撃や急ブレーキを感知すると衝撃の前後10秒間を自動的に録画してくれます。

損保ジャパン日本興亜が提供する、安全運転をサポートしてくれるアプリ機能のひとつで、ほかにも様々な機能でドライバーを交通事故から守ってくれます。

車両接近アラート

車間距離の詰めすぎによる事故を防いでくれる機能です。
走行中の前方映像や位置情報でスマホが車間距離を分析し、一定以上接近しているとアラート、または音声で知らせてくれます。

走行時間経過のお知らせ

走行してから一定の距離や時間ごとに音声で知らせてくれる機能です。
長時間運転していると自覚がなくても意外と疲れているものです。

疲れた状態が続くと集中力が途切れてしまったり、居眠り運転(豆知識コラム「交通事故を引き起こす睡眠時無呼吸症候群(SAS)」参照)を起こしてしまう場合もあります。
疲れによる交通事故を起こさないよう、適度な時間で休憩を促してくれます。

運転診断

スマホが揺れや位置情報によって、安全運転を保っているかを診断する機能です。
車間距離を空けているか、速度は一定か、急なハンドルやブレーキを行っていないかなどを診断します。

安全運転ランクのスコアを知らせてくれるので、進んで安全運転を心がけることができるようになります。

緊急連絡先

警察や救急の連絡先、損保ジャパン日本興亜の事故受付などの緊急連絡先をチェックでき、そのまま電話をかけることができます。

交通事故のとき、故障したときなどの緊急時には簡単な電話番号さえ忘れ、どこにかけるのかも思い出せないことがあります。
そのような際に便利な機能です。

ドライブレコーダーの導入は、交通事故や犯罪から身を守るための手段になります。
けれど、映像証拠があるからといって、ひとりで解決しようとは思わないでください。
映像の改ざんを疑われでもすれば、素人では太刀打ちできません。
そのようなときは、弁護士に頼るのも交通事故を有利に解決するひとつの手だと覚えておいてください。
お困りの際は、弁護士やまケンまでお気軽にご相談ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。

弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)
弁護士 山﨑 賢一 (Kenichi Yamazaki)

【東京弁護士会所属 No.21102】弁護士歴32年。交通事故取扱開始から18年のキャリアの中で手掛けた案件のうち交通事故分野は9割超。2020年末で累計1,808件の解決件数があり、年間にほぼ100件以上の交通事故事案を解決に導いています(2021年1月現在)。示談金の増額がなければ弁護士費用は一切不要の「完全出来高制」で、交通事故被害者を全面サポート!全国対応、交通事故のご相談は何度でも無料です。