おすすめコラム記事

交通事故基礎知識のうち弁護士おすすめのコラム記事5選。
交通事故被害者の方に向けたお役立ち情報を掲載しておりますので是非ご覧ください。

  • 交通事故で請求できる傷害慰謝料の相場と計算方法

    交通事故の被害者になった場合、加害者に交通事故によって必要となった医療費、会社を休んだことによって生じた休業損害を請求できることはもちろんですが、それらとは別に慰謝料を請求することができます。
    慰謝料には、入通院の程度によって請求できる「傷害慰謝料」と、治療終了後、後遺障害が認定された場合に請求できる「後遺障害慰謝料」の2種類があります。
    今回はそのうち「傷害慰謝料」の計算方法について説明します。

  • 死亡交通事故の慰謝料の相場とその計算方法

    交通事故によって被害者が死亡または負傷した場合の損害のことを「人身損害」といいます。この「人身損害」の最たるものは慰謝料です。被害者本人が死亡したケースでは、一般にその賠償金額も多額になることから、本来であれば得られたはずの賠償金をとりはぐれないように慎重に行動する必要があります。とりわけ一家の支柱が死亡したケースでは、遺された配偶者や子供の生活費や学費に困窮することがないように、できる限り多額の賠償金を獲得しなければなりません。

  • 交通事故で後遺障害が認定された場合の慰謝料の相場と計算方法

    交通事故の被害者になった場合、交通事故によって必要となった「入通院の費用」、交通事故によって給料が減額された場合や主婦であれば家事ができなかった場合には「休業損害」を請求できることはもちろんですが、そのほかに「慰謝料」も請求することができます。
    慰謝料には、入通院の期間・通院回数に基づいて計算される「傷害慰謝料」と、症状固定後、自賠責保険への認定請求によって、後遺障害が認定された場合に請求できる「後遺障害慰謝料」の2種類があります。今回はそのうち「後遺障害慰謝料」について説明します。

  • 交通事故で仕事ができなくなった場合

    交通事故被害が原因で仕事ができなくなったことによる損害は、消極損害に該当し、症状固定前は休業損害、症状固定後は後遺障害に伴う逸失利益が問題となります。弁護士にご依頼されると最も高い基準である裁判基準で示談交渉ができるので、交通事故被害の損害賠償は全国対応・遠隔サポート可能で増額実績豊富な弁護士やまケンにお任せください。

  • 任意保険の弁護士費用特約とは

    任意保険の弁護士費用特約とは、交通事故の相手方との示談交渉などの弁護士費用を保険会社が負担してくれる特約をいいます。弁護士費用特約に加入していれば弁護士費用はあなたの保険会社が支払ってくれるので、気軽に弁護士にご依頼いただけます。弁護士費用の負担なく、適正な示談金を得ることができるので弁護士費用特約が付加されていたら迷わず弁護士にご相談ください。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。