豆知識コラム

交通事故に関する豆知識をコラム形式で掲載。交通事故に遭遇した場合に備えた情報を発信しています。

  • 交通事故解決等に役立つドライブレコーダー

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.23|交通事故の当事者になり言い分の食い違いが生じたとき、ドライブレコーダーに交通事故の瞬間や事故現場が映像で記録されていたら自身の言い分を映像記録によって実証することができます。今回はドライブレコーダー導入のメリットや、アプリSafetySightについてご紹介します。

  • 健康状態に起因した交通事故と防止策

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.22|健康起因の交通事故は、老若男女に関わらず増加の傾向をたどっています。自動車運転中に心筋梗塞や脳内出血などを起こすと重大な交通事故に発展します。健康起因事故を起こさないための防止策をご紹介します。なお、万が一、交通事故に巻き込まれたら弁護士やまケンの無料相談をご利用ください。

  • カーナビ操作中の交通事故と防止策

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.21|カーナビ操作中の交通事故と防止策についてお話しします。運転中のカーナビ注視やカーナビ(またはカーナビアプリ)操作、いずれも交通事故を引き起こす要因となります。万が一、カーナビ事故に巻き込まれ、被害に遭われた際は、交通事故専門弁護士やまケンまでご相談ください。

  • 交通事故を予防するヒヤリハット対策

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.20|交通事故に発展しなかったものの、危ない!もう少しで交通事故を起こすところだった等の経験はありませんか?時間が経てば忘れてしまいがちですが、これらの積み重ねが大きな交通事故を引き起こすこともあります。今回は事例を掲げながら原因や対策についてお話します。

  • 交通事故で最も多い追突事故の予防策は?

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.19|車同士の交通事故で最も多い追突事故。脇見運転等の前方不注意や、思い込み運転等の動静不注視が主な要因です。追突事故の場合、通常は被害者に過失はありませんが、交通事故被害者にならないよう、その予防策をご紹介します。もし追突事故に遭われた際は、弁護士やまケンにご相談ください。

  • 強風が影響を及ぼす交通事故のリスク

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.18|交通事故の要因となりうる強風。強風による交通事故を未然に防ぐために、その対処法をご紹介します。強風が及ぼす車への影響や、風を受けやすい場所などを取り挙げていきますので、あわせてご確認ください。

  • 知っておこう!交通事故の示談金を受け取るまでの流れ

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.17|交通事故の被害者は、加害者に示談金を請求できます。いざ交通事故被害者となった際に損しないよう、警察届出から弁護士介入、示談成立、示談金の受取までの一連の流れをご説明します。

  • 冬場の交通事故~路面凍結や雪道走行~

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.16|冬場の運転は路面の凍結や雪道など危険が多く、凍結や雪での交通事故等を“冬型事故”と呼びます。交通事故を未然に防ぐための心がけとして、今回は、凍結した路面や雪道を走行する場合の注意点などをお話しします。

  • 交通事故を引き起こす睡眠時無呼吸症候群(SAS)

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.15|交通事故の原因のひとつとして運転手に睡眠時無呼吸症候群(SAS)が挙げられた、2012年に起きた群馬県高速ツアーバス事故。バスが高速道路脇の壁に激突し、死傷者を出す大事故となりました。今回は、SASと居眠り運転にについてお話しします。

  • ペーパードライバーを脱出する方法

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.14|環境が変わり、車以外の交通手段がなくなった、子供の送迎が必要になった等、ペーパードライバーから脱出したい理由は様々ですが、ペーパードライバー歴が長くなるほど運転が怖くなり躊躇する傾向があります。本日は苦手意識を克服して、ペーパードライバーを脱出する方法を紹介します。

  • 花粉症が運転に及ぼす影響と対処法

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.13|花粉症にも交通事故を引き起こす要因があることをご存知ですか?花粉症の症状には鼻がムズムズする、くしゃみ、目の痒み等があります。日常生活で支障をきたすのだから運転にも多大な影響を及ぼすでしょう。今回は、花粉症が運転に及ぼす危険性や交通事故の例、その対処法についてお話しします。

  • ライドシェア利用中の交通事故対応は?

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.12|近年注目されているライドシェアについて弁護士が解説!交通事故発生時の対応を含め、利用者の安全確保が旅客運送サービスで最優先されるべきこと。過疎地の住民や旅行者の移動手段を提供するサービスとして需要が高まっていますが、交通事故が起きたとき乗客は十分に補償されるのでしょうか?

  • 甘くみてはいけない二日酔い運転のリスク

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.11|飲酒運転による交通事故は後を絶ちません。二日酔いの状態で運転しても飲酒運転になることをご存知ですか?二日酔い運転のリスクや、二日酔い運転で交通事故を起こしてしまった場合についてなど解説していきます。

  • 完全自動運転で交通事故を減らせる?

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.10|最近話題の自動運転技術開発ですが、完全自動運転が実現して広く普及すれば、交通事故件数の削減や交通事故被害の軽減につながるのでしょうか?交通事故案件を扱う弁護士のほか、各自動車メーカーや情報技術企業(IT企業)等においても完全自動運転への関心がますます高まっています。

  • 知っていますか?ゾーン30に関する基礎知識

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.9|交通事故事例などを取り上げながら「ゾーン30」について解説します。車幅の狭い(5.5m以下)生活道路内は、一般道路より交通事故の減少率が悪く、その対策として出来た規制です。速度制限が時速30キロの理由は、歩行者と自動車の交通事故致死率が時速30キロを境に上昇するためです。

  • 交通事故を未然に防ぐオートライト義務化

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.8|2020年4月、オートライト義務化が開始。2020年以降発売の新型車にオートライト機能が搭載されます。義務化に至る経緯や問題点、運転手が行うべきことを解説します。ヘッドライトの点灯ひとつで交通事故を未然に防げるかもしれません。

  • 運転中のストレスが誘発する交通事故のリスク

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.7|運転中のストレスに、交通事故を引き起こす要因があることをご存知でしょうか?人は運転中、平常時より血圧が高くなる傾向にあるといわれています。血圧が高い状態で長時間の運転を続けると、思わぬ事故を招くこともあります。今回は、交通事故を未然に防ぐために、運転中に抱える様々なストレスや、その対処方法についてご紹介します。

  • 同乗者にも注意して!ドア開き事故の予防策

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.6|停車した車に近付いているバイクや自転車、歩行者に気付かずドアを開けてしまった経験はありませんか?相手に怪我を負わせてしまうと、交通事故として扱われてしまいます。どこでも遭遇する可能性がある車のドア開き事故。今回は、ドア開き事故に関する責任問題と予防策を説明していきます。

  • 加害者に請求できる損害賠償とは

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.5|交通事故の被害者は、加害者へ損害賠償を請求できますが、何が請求可能なのか把握している人は少ないのではないでしょうか。今回は、加害者へ請求できる損害賠償のご説明いたします。

  • 明日は我が身?交通事故を起こした際にすべきこと

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.4|2016年12月に最も注目された交通事故の1つ、M-1グランプリにも輝いたお笑いコンビの男性が乗用車を運転中にタクシーと接触し、全治2週間の怪我を負わせたまま逃走したという「当て逃げ事故」。世間を大きく賑わせた交通事故騒動ですが誰しも他人事ではありません。交通事故の当事者になった場合の対処についてご説明します。

  • 高齢運転者はなぜ踏み間違い事故を起こすのか

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.3|昨年(2016年)、高齢運転者による重大な交通事故が相次ぎました。アクセルとブレーキの踏み間違いで、店舗や民家に突進し、複数の死傷者が出ました。以前から問題視されていた高齢運転者の交通事故。その原因と、高齢運転者に関する世の中の動きをまとめました。

  • 無免許運転の運転手との間に交通事故が起きたら?

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.2|交通事故を起こしたとき、裁判ではなく、示談で解決することが最も穏やかな解決策といえるでしょう。大きな事故であっても、互いに納得できる終わり方さえできれば、ひとまずはホッと胸をなで下ろすことができるのではないでしょうか。

  • どう防ぐ?高齢者の運転について考えよう

    弁護士やまケンの豆知識コラム Vol.1|近年、高齢者の運転による交通事故が多発しています。加齢よってさまざまな感覚器官が若い頃に比べて鈍ってくることからも高齢者の運転は非常にリスクがあるということが昨今叫ばれている状況です。交通事故の多い高齢者の運転とはどのようなものなのでしょうか。

まずは無料相談を!24時間受付OK!

保険会社の書類にサインする前にぜひ一度
交通事故専門弁護士やまケン(山﨑賢一)にご相談ください。

※大変申し訳ございませんが、加害者側のご相談はお受けできません。



交通事故被害のご相談は全国対応!お問い合わせだけでも歓迎。


ご相談・お問い合わせ後、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

留守番電話の場合はメッセージにお名前とご連絡先をお知らせください。

担当の弁護士より、折り返しご連絡いたします( TEL: 03-5251-2300)。